美肌は内側から作られる

美肌は内側から作られる

食生活改善で美肌生活してみませんか?

肌も細胞でできているので体の内側から作られていきます。
特に血液さらさらの人の方が綺麗な肌を持っています。

美顔エステを経営している母親がエステをしていて気づいたことは、
若いうちからヘビースモーカーだった人の肌は毛細血管が所々切れたような黒ずんだ肌をしているそうです。

一瞬で

「あ、この人タバコたくさん吸っているな」

と分かるそうです。
血液の流れを止めるものは健康にも良くありませんが、肌にもよくありません。

例えばタバコはもちろん、コーヒーなどのカフェインが多く含まれているもの、
炭酸飲料などの砂糖が多く含まれているもの油の量が多いものなども良くありません。

自分の体内で処理できる範囲までなら大丈夫ですが過剰摂取をすると血液の流れが止まってしまい、肌にも影響が出ます。
ではどのくらいが自分の体内で処理できる範囲なのでしょうか?

みなさんは自分の歯の数を数えたことがありますか?

永久歯は親知らずを含めないと28本、含めると32本になります。
今回はこちらの32本で説明していきたいと思います 。
実はこちらの歯の数によって何をどのくらい食べた方が良いのかという割合が決まっています。

肉や魚などを噛み切る犬歯は4本しか生えていません。
その反対に 雑穀類をすりつぶすように食べる臼歯は20本あります。
また野菜類を噛み砕く門歯は8本生えています。
比率にすると肉類、魚類は12.5パーセント、雑穀類は62.5パーセント、野菜類は25パーセントとなります。

この割合で食事をできたら理想的な美肌食生活なのですが、実際のところ肉や魚類が2倍以上の割合で食べているのが現実です。

外食が多い人たちは特に要注意です。

食べるものによって私たちの体は作られていきます。
ということは、食べるものによって私たちの肌も変わっていきます。

またことわざにもあるように

「腹八分目に医者いらず」

ということで、割合をきにしながらもやっぱり食べ過ぎには要注意です。

またテレビなどで、『コラーゲンたっぷり』と紹介しているフカヒレなどの食べ物も実際はタンパク質でできているので、
ちょっとやそっと食べただけでは体内に入ってから分解され、特に関係なくなってしまいます。

フカヒレを食べた次の日は肌の調子がいいというのは結局のところ思い込みで、
むしろ毎日バランスよくタンパク質を取っていた方が肌は綺麗になります。

また便秘になると肌にも出てしまうので、季節の野菜や果物を毎日食べることが大切です。

血色をよくするにはビタミンEを取った方がいいです。

ビタミンEはナッツ類やアボカドに多く含まれています。
ナッツ類のアレルギーがある方もいますので、アボカドをサラダに混ぜたり、アボカドシェイクを作ったりして飲むのも良いでしょう。

アボガドスムージーの作り方

日本ではアボカドを野菜として食べる場合が多いですが、フィリピンでは果物として、スムージーやシェイクにして食べることが多いです。
作り方は簡単でアボカドと砂糖または蜂蜜少々、豆乳または牛乳をミキサーに入れて混ぜて完成。他の野菜や果物と合わせても美味しいです。
またかぼちゃにもビタミンEは多く含まれていますが、食べ過ぎると肌が黄色くなってしまうので食べ過ぎない程度にしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ