乾燥肌で皮フ科に行くと何をするの?

乾燥肌で皮フ科に行くと何をするの?

乾燥肌や乾燥による皮膚トラブルが起こり、
自分ではどう対処していいか分からず困ってしまった時は病院をオススメします。
もちろん思春期のニキビもですが、大人の乾燥も病院は対応してくれます。
その為には専門である皮フ科に行くのがいいでしょう。

病院では何をしてくれる?

乾燥肌や乾燥によって引き起こされた肌トラブルで、
どうしたらいいか分からない時は病院へ行きましょう。
下記のような症状でも病院へ行けば必ず改善します。

  • 乾燥肌を治したい
  • 乾燥によって肌がニキビが沢山できた
  • 痒くて掻かずにはいられない
  • 乾燥肌にいいと言われる化粧品に変えたが治らない
  • 出産後に化粧品が合わなくなり、乾燥なのかホルモンの関係なのか分からずどうしていいか困っている

など、皮膚トラブルは病院で薬などを出してくれて、即効性があります。

まず皮フ科を受診すると診察が行われます。
症状を話し、いつからどれくらい酷いのかを報告します。
そして症状によって薬の処方となりますが、ほとんど飲み薬や塗り薬で治ります。

どんな治療?どんな薬?金額は?

病院にもよりますが、乾燥肌や乾燥によって起こる肌トラブルに対して病院内で行う処置はほとんどありません。
ほとんどが薬での治療となるでしょう。

ですから、怖がらずに皮膚トラブルが起こった場合は病院へ行きましょう。
完治してから美肌を目指すために、乾燥を防ぐ生活を送ったらいいのです。

ちなみに私が乾燥肌でニキビが出来て痒くて困り受信した際は、ビーソフテンローションという保湿剤を貰いました。
ナースさんが教えてくれたのが
「このビーソフテンはそこらで売ってる保湿とは比べ物にならないくらい桁外れにいいよ」との事でした。

実際に使用してみると肌が潤い、他の保湿剤を使用しなくても、それ1つで肌が見違えるほど綺麗になりました。
しかも保険が適用されたので、1ヶ月数百円でいいのでコスパは最高です!!

症状が改善されたら、当サイトで紹介しているニキビ化粧品などを少しずつ併用しながらお肌の調子を整えていくと効果抜群です。
本当に乾燥肌で悩んでいる人はまずは皮フ科に行ってみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ