乾燥肌に!お肌の水分量を2倍にアップさせる方法

お肌の水分量アップ

冬でもないのにガサガサしたり空調の強い場所ではパリパリして耐えられない…。

そんな超乾燥肌でお悩みの方、結構多いのかもしれません。

しかし諦めるのはまだ早いのです。

お肌の水分量をアップさせる正しいお手入れを繰り返し行えば、
乾燥肌は改善され、みずみずしい潤いに満ちたお肌を手に入れられるのです。

ローションパック+ラップでお肌にたっぷり潤いを

化粧水をコットンやティッシュに含ませて、お肌に乗せるローションパックは、やったことのある方も多い事と思います。

しかし、ただ化粧水をしみ込ませたコットンを顔の上に並べるより、
コットンの上からラップで覆うことでより保湿効果を実感することができます。

ラップの上から蒸しタオルを乗せるとスチーム効果も加わって、さらに効果的です。

蒸しタオルは濡らしたフェースタオルをレンジで30秒〜40秒チンすれば簡単にできるのでぜひお勧めです。

化粧水は自分に合ったもので構いませんがヒアルロン酸やコラーゲンなど
保湿成分が配合されたものだと、より潤い効果を発揮します。

ただしラップをする際は、必ず鼻や口などの空気穴を確保して行いましょう。

洗い過ぎないように注意する

メイクや毛穴の汚れを落とすために強力な洗浄成分のクレンジングを毎日使ってはいませんか?

特に崩れにくいメイクを落とすクレンジングの中には、
メイクだけでなく大切な皮脂や肌本来の潤い成分まで落としてしまうほど強力なものも少なくありません。

乾燥が気になる時は落ちにくいメイクより、
ミネラルファンデーションやパウダーなど、
落としやすいメイクにすると肌の負担が減り乾燥肌を改善します。

理想は洗顔料や固形石鹸で1回洗いで落ちるメイクです。

夜寝る前に最強の保湿ケアを

就寝時は肌のゴールデンタイムである午後10時から午前2時の間に肌が生まれ変わる大切な時間です。
化粧水や美容液で保湿したら寝る直前に濃い保湿クリームでケアすることをお勧めします。
お気に入りのナイトクリームでも、植物バターでも、ワセリンでも何でも構いません。
自分に合う最強の保湿クリームで肌をしっかり保護してから眠りましょう。

翌朝のお肌の水分量がアップし、ハリが出て潤いに満ちていること間違いなしです。

[まとめ]

乾燥肌対策に新しいアイテムを購入するのもいいですが、
今手持ちのアイテムをちょっと工夫するだけでお肌の水分量を劇的にアップさせることができます。

ぜひ今日から初めてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ