ルイボスティーは化粧水にもなる?

ルイボスティーは化粧水にもなる?

最近健康茶として注目されているルイボスティーというお茶があります。

南アフリカに生息する豆科の植物です。
南アフリカでは昔から健康に良いということを知られていて、健康茶として長く飲まれてきました。

こちらは肌にも良く、美肌効果があるとしても注目されています。

ノンカフェインで、抗酸化物質の含有量が高く、緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍含まれています。
こちらの抗酸化物質というものは人体に悪影響を及ぼす活性酸素を消す働きがあります。

またこのルイボスティーは味に癖がなく、とても飲みやすいものです。
ほんのり甘みを感じられる味です。
匂いもとても良いので、飲んでいるとリラックスでき、少しお洒落なアフタヌーンティーを味わっている気分になります。

実はこちらのルイボスティー、飲むだけでなく、化粧水としても、洗髪剤としても使うことができます。

要領はお茶を飲むときと同じで、湧かして色が出てきたら冷めた後にそちらを化粧水として使えます。
特に日焼けしたときに使う日焼けローションにもってこいのお茶です。
入浴剤の様にお風呂に入れてもいいですが、少し湯船が汚くなるので、そちらが気にならない方は試してみてもいいかもしれません。

また化粧水として使う場合は付けた後に一回水で洗い流した方がいいかもしれません。

白いコップでルイボスティーを飲んでみると分かるのですが、意外と色が残りやすいです。
私はこれによって顔が茶色くなっていってしまうのではないかと心配していたら、

母親に

「私も心配だから一回洗い流しているよ」

と言われました。

結局のとこ抗酸化物質の含有量が高いのでわざわざ化粧水にしなくても飲んでいれば肌にとても良い効果が出ます。

便秘も肌によくないと前の記事で説明しましたが、こちらのルイボスティーは便秘にもとても良く効く飲み物です。
またノンカフェインなので妊娠中でも安心して飲むことができます。

南アフリカのある地域でしか栽培することができないらしく、ほとんど売られているものが完全無農薬栽培だそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ