洗顔だけで毛穴の黒ずみと開きを治すテクニック

洗顔をしている女性

鏡を見る度に気になる毛穴の黒ずみ、何とかしようと洗顔時にごしごしマッサージをしたり、
クレイやスクラブで長時間擦り過ぎてはいませんか。

実は毛穴の開きや黒ずみに擦りすぎるのは逆効果なのです。

元々肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れて開いてしまった毛穴に皮脂が詰まり、
その皮脂が時間を経て酸化して黒くなったものが毛穴の黒ずみです。

毛穴に詰まった皮脂の塊は、ターンオーバーが正しく繰り返されれば自然と取れるものなので、
肌の調子を整えることで徐々に改善していくことができるのです。

そこで大切なのが洗顔の方法です。

ではどのように洗顔したらいいのか、ご説明したいと思います。

1.洗顔に使うお湯は必ず37度以下のぬるま湯か水で

まず人肌より少しぬるめのぬるま湯を洗面器などに用意し、
そっと両手ですくって顔に当てるように馴染ませます。

2.モコモコの泡で優しく洗う

次に洗顔料や石鹸をよく泡立てます。
市販の泡立てネットなどを利用して手のひらにピンポン玉より一回り大きなしっかりした泡を作るように心がけましょう。

泡立てた洗顔料は額や頬には抑えるように小鼻など毛穴の黒ずみが気になる部分には
泡の上からそっと肌を指の腹で撫でるように優しく洗います。

この時、長時間マッサージする方がいらっしゃいますが、さっとなじませるだけで十分です。

3.すすぎは丁寧に優しく

泡を馴染ませたら、先ほどと同じ人肌よりぬるめのぬるま湯か水でそっと泡をすすぎます。

この時も決して肌を擦らず、お湯を顔に当てるようにしてすすぐのがポイントです。

すすぎが済んだらタオルで押さえるようしにして水気を取り完了です。

[まとめ]

肌には自ら潤いを保つ肌本来の保湿成分が存在していますが、
37度以上のお湯で洗ったり、擦り過ぎたりすると汚れや皮脂と一緒に流れ落ちてしまいます。

常に潤いを保つことでターンオーバーを正常に繰り返すことができるので、
肌本来の潤い成分を守り、刺激を減らす洗顔方法をすることが、毛穴の開きや黒ずみの改善に最も効果的なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ