肌が乾燥すると起きる肌トラブル一覧

肌が乾燥すると起きる肌トラブル一覧

肌乾燥で悩む女性はとても多いですよね?
「自分は乾燥していない」と思っている人でも、隠れ乾燥肌の人も多くいるんです。
もちろん混合肌といって、オイリーな部分もあれば乾燥している部分もあるといったお手入れしにくい人もいます。
私の子供は生まれて数ヶ月で乾燥し、小児科で赤ちゃん用に保湿剤をもらいました。
そんなお肌の悩みを抱える現代の女性は世の中に沢山いるのです。
では、肌が乾燥するとどんな不都合があるのでしょうか。

ニキビ

乾燥肌というのは皮膚の表面が荒れて、そこから水分が蒸発してしまう状態の事をいいます。
すると荒れた部分からダニやホコリ等の細菌が入りニキビとなります。
中学生や高校生の時にニキビが沢山出来た人はいませんか?
あの頃のニキビと大人になってからのニキビは根本が違うので、思春期の頃のニキビは清潔にすれば治りましたが、
大人になってからのニキビは乾燥肌を改善することが大切です。

老化

乾燥と老化は密接な関係でできています。
肌はターンオーバーといって、通常では28日かけて肌の表面の細胞がアカとなって剥がれ落ちて綺麗な肌となります。

それが30代になるとターンオーバーが遅れ始めて角質が剥がれ落ちにくくなり、肌の若返りが遅れていくのです。
ですから年令を重ねる毎に、自分で綺麗な肌へとピーリングなどで古い角質を取り除いて上げる必要があります。
乾燥しているからと言って、中には高い化粧品で保湿をしている人がたくさんいますが、
角質が剥がれ落ちていないガチガチの肌には浸透していかないのです。
ですからまずは古い角質を取り除くことから始めなければいけません。

私も以前は角質をそのままに高級ブランドの保湿を何年もしていましたが、あまり効果が見られませんでした。
しかし数回のピーリングで肌に吸い込まれるように保湿液が入っていくのを実感したのです。

乾燥肌はニキビだけでなく、のちのちまで悩みになっていく老化の元になるものです。
乾燥だけでなくこういった肌トラブルも起こるという事を自覚すれば、乾燥は恐ろしいものだと分かるはずです。
乾燥を防ぐためには色々な方法がありますから、ぜひ実践して肌乾燥を治しましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ