クレーターニキビ跡を消すための3つのポイント

クレーターニキビ

まるでお月様の表面のような凸凹したクレーターニキビ跡は、
一度できてしまったらなかなか消すことができないと思われがちです。

しかし肌の新陳代謝のサイクルであるターンオーバーを正常に保ち繰り返すことで、目立たなくすることが可能です。

では、肌のターンオーバーを整えるためにはどのような事に気を付けたらいいのでしょうか。

クレーターニキビ跡を消すために知っておくべき3つのポイントをご紹介したいと思います。

乾燥肌をそのままにしない

肌が乾燥している状態は、天然のクリームである皮脂の分泌が少なく、
肌を保護するバリア機能が弱まりがちです。

このような状態が続けば肌が本来持つコラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分も失われていき、
ターンオーバーも乱れてしまいます。

肌の乾燥を感じているなら放置せずセラミドやヒアルロン酸やコラーゲンなど
保湿成分が配合された化粧水を使って、たっぷり水分補給をして改善しましょう。

水分補給した後は、クリームや乳液で蓋をするとよりうるおい効果が持続します。

使用している化粧品の成分が強すぎる

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料、合成界面活性剤が
いくつも配合された化粧水や乳液などを日常的に使用していると、
お肌のバリア機能を壊し大切な皮脂や保湿成分がどんどん流出してしまいます。

バリア機能が壊れた肌は弱く正常にターンオーバーを繰り返すことができないので、
ニキビ跡を消すことができないばかりか、ニキビの再発にも繋がります。

ニキビ跡に効果のある化粧水としては「リプロスキン」が有名です。
この商品はお肌の柔軟性をあげ、美容成分の浸透率を上げることができます。

紫外線から肌を守る

春から夏場にかけて強くなる紫外線も肌のターンオーバーを乱す原因の一つで、
クレーターニキビ跡の残るデリケートな肌には大敵です。

肌に負担になりにくいノンケミカル処方のUVケア商品をこまめに使用して、紫外線から肌を守りましょう。

[まとめ]

クレーターニキビ跡を消すには長い時間がかかりますが、
これらのポイントをしっかり守り毎日スキンケアすることで徐々に目立たなくなっていきます。

焦らずゆったり楽しみながら、クレーターニキビ跡を少しずつ消していきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ