背中ニキビを治すために私が試した10個の治療法

背中

水着を着たり薄着の季節になると気になるのが背中ニキビです。

しかし背中ニキビは自分で手が届きにくい上に、
広範囲に発生するのでどのように対処したらいいか悩む人が多いのではないでしょうか。

ここでは背中ニキビを治すために私が試した10個の治療法をご紹介します。

1.ボディーソープを刺激の少ない固形石鹸に変える

ボディーソープは弱酸性で肌に優しいものもありますが、
中には配合されている合成界面活性剤が皮膚のバリアを壊して
ニキビの原因となっている場合もあるので、より肌に優しい固形石鹸をよく泡立てて使用します。

オススメはアクナイン
というニキビ肌専用の石鹸です。

泡立ちが素晴らしく、ローズの香りに癒やされますよ。

2.お風呂上りの保湿ケアを念入りに

お風呂あがりが背中ニキビケアで一番効果を出しやすいタイミングです。
まずは乾燥対策としてジュエルレインなどの保湿ジェルを塗ります。
一人で塗る時は片方の肘に手を当てて、押し込むと背中の広範囲を塗ることができます。
家族など塗ってくれる人がいたら、塗ってもらった方が確実です。

3.油っこい食事や甘いおやつを控える

揚げ物やファーストフード、ケーキやチョコレートなど、
油っこい食事や甘いおやつを極力控えるようにします。
油っこい物や甘い物の食べ過ぎは、肌に必要なビタミンを破壊し背中ニキビの原因となるからです。

4.ごしごし擦らない

お風呂やプールから出た時に、背中をタオルでゴシゴシ擦るのを止めます。
ゴシゴシ擦ると、肌の大切な保湿成分が失われて益々背中ニキビが悪化してしまう可能性があるからです。
刺激の強いナイロンタオルなどの使用は避け、綿100%のタオルや手ぬぐいで優しく洗うと効果的です。

5.露出の多い衣類を避ける

背中ニキビができている間は背中を露出した衣類をなるべく避けて
ニキビを紫外線から保護するようにこころがけます。

6.お酒もほどほどに

お酒も多量に摂取すればアルコールを分解するときに、ビタミン類を排出してしまうので、ほどほどにします。

7.吸汗性の高い天然素材の下着を着ける

背中の汗が蒸れないように、吸汗性のある綿などの素材の下着を毎日着用するようにします。

8.規則正しい生活を心がける

バランスの良い和食中心の食生活を心がけ、睡眠もしっかり取るようにして
肌のターンオーバーを正常に近づけましょう。

9.背中ニキビ膿になったら、すぐに薬で治療

ケアをしていても背中ニキビが膿を持ってしまったら、
市販薬などをきちんと塗って治るまでしっかり治療します。

10.シャンプーやトリートメントの成分を見直す

1から9までのことを全部実行してもなかなか背中ニキビが治らない場合は、
シャンプーやトリートメントの成分を見直します。

染髪時に少なからず背中にかかるものなので、
意外とこれらを見直すと背中ニキビが改善する場合もあります。

[まとめ]

いかがでしたか。背中ニキビは放置しておけばどんどん広がってしまう場合もあります。

これらの10個の治療法を実践して、綺麗な背中を目指しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ