リプロスキンを1ヶ月使ってニキビ跡に効果があったか?

私には20歳の息子と18歳の娘がいますが、
二人共、次々とできる繰り返しニキビや、潰してできたニキビ跡に悩まされました。

リプロスキン使用前の息子のニキビ症状写真

思春期ニキビにも悩まされた息子の肌の状態です。

リプロスキン使用前の娘のニキビ症状写真

こちらは娘の肌の状態です。消えてはまた繰り返すニキビに悩まされています。

ニキビケアには食生活も大切と言われますが、
子供たちが小さい頃からできるだけ野菜や魚を使った手料理で育ててきて、
揚げ物なども控えるようにしているし、本人たちも日頃ジャンクフードなどはほとんど口にしないのに、

「どうしてこんなにニキビがブツブツできて、ニキビ跡になっちゃうの?」

という思いもあります。
息子の場合は、娘ほど悩んでいるというわけでもなさそうですが、

「とくかく見た目が汚いし、もっとちゃんと洗顔して欲しい!

というわけで、ニキビケアの効果をうたう洗顔料やローションを買って、洗面所に置いていますが、
いろいろ試して、「やっぱりダメみたい」と言うのは、いつも娘の方です。
CMで有名なプロアクティブも、娘は「ちょっとピリピリするので怖い」といってやめてしまいました。

残りを息子がしばらく使っていましたが、

「高いわりに、効果がよくわからないから、俺もいいよ」

だそうです。

DHCの製品や昔ながらのオードムーゲなども、結局続かず。

息子はあきらめムードかもしれませんが、こんな汚い肌じゃ、絶対カノジョなんかできっこないだろうし、
母としては何とかしてやりたいところです。

行き着いたのが株式会社ピカイチが販売している
ニキビ跡化粧水の先駆け的な存在である「リプロスキン」でした。

リプロスキンについてネットで調べてみると、結構、使用者のレビュー記事も豊富で、評価もまぁまぁな感じで、
ビフォーアフター写真も中にはビックリするくらいニキビ跡が綺麗になっているものがあって驚きました。

しかも返金保証もついているので、試す価値は大いにあると確信したわけです。

ここでリプロスキンについて少し解説します。

リプロスキンの特徴

リプロスキンの容器と箱

化粧水のタイプ
導入型柔軟化粧水(ブースターローション)
内容量
100ml(1ヶ月) ※1日2回、7滴ほど手の平にだしてバチャバチャ使える量です。
価格
定期コース:4,742円+税(送料無料)
通常コース:7,500円+税(送料540円)
有効成分
グリチルリチン酸ジカリウム
水溶性プラセンタ
美白成分
ダーマホワイト
保湿成分
ホメオシールド
低分子コラーゲン
低分子ヒアルロン酸
細胞活性成分
酵母エキス

リプロスキンのお得な買い方(定期コースについて)

リプロスキンの場合、購入プランが2種類用意されています。
1つは毎月1個が定期配送される基本プラン(定期コース)です。
基本プランは1個あたりの価格が通常コースと比較して41%も安いのが魅力的ですが、縛り回数が4回あります。
要するに基本プランの場合、最低でも4回受け取ることが条件となります。

本気でニキビ跡ケアをするなら、お肌のターンオーバー周期を考えても4ヶ月くらいは必要だと思いますので、
美容クリニックなどの通院費などと比較するとトータルコストで圧倒的に優れています。

リプロスキンにはサンプル(試供品)はありません。

実はリプロスキンにはいわゆるお試し価格のサンプルはありません。
定期コースである基本プランの他に用意されているのが、その都度購入をする通常コースです。

こちらは特に定期配送はされないので、まず肌に合うか試してみたいと思う方に最適なコースです。
もし、リプロスキンを使ってお肌に異常が出た場合は、
60日以内なら全額返金してもらえる保証
がありますので、
気兼ねなく購入できるのがリプロスキンの良いところでもあります。

リプロスキンを安く購入したい!市販で購入できるの?

はい。私も購入前に子どもたちにそれぞれ2本づつだったので、なるべく安く購入したいと思って色々探しました。
販売元にも問い合わせましたが、リプロスキンはドラッグストアやコンビニなどで市販はされていません。

もちろん、デーパートの化粧品売り場にも売っていませんので試すこともできません。

唯一の正規品を購入する手段がインターネットからになります。

>リプロスキンの公式サイト

他にも購入できるサイトやサービスはあります。

  • Amazon
  • 楽天
  • ヤフオク
  • メルカリ

これらのサイトは正規ルートで卸されたリプロスキンを売っている訳ではなく、販売者も個人レベルで出品している感じです。

ですからリプロスキンの最大の魅力である60日間返金保証が受けられません。また、正規ルートではないので中身の化粧水が水に置き換えられたり、成分等が変質ている可能性もあるので注意が必要です。

結果的に最も安全かつ保証付きで安く購入できるルートは今のところ、公式サイト一択なのが現状です。

リプロスキンはこれまで2回リニューアルしているのをご存知ですか?

Amazonで購入する人は注意してください。
新旧リプロスキンでは中身の成分が全然違います!

まず、有効成分は新旧共にグリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキスです。

この成分はニキビの抗炎症作用・抗アレルギー作用に効果がある医薬部外品原料規格として医薬品等に使われている成分になります。
要するにニキビによるお肌の炎症を抑えたり、予防してくれる成分です。

違うのはその他の成分で旧リプロスキンが約28種類、新リプロスキンが約33種類配合されています。

新リプロスキンには米ぬかエキス、アマチャヅルエキス、アロエエキス、ゼニアオイエキス、酵母エキス、ダイズエキスが追加され、よりニキビ跡ケアに効果のある化粧水として大幅にパワーアップしています。

旧リプロスキンと新リプロスキンの見分け方はパッケージのデザインのラインの色です。

新旧リプロスキンのパッケージ比較

ラインが薄いブルーが旧リプロスキンで、濃いブルーが新リプロスキンです。
もしAmazon等で購入される場合、新リプロスキンの方を選んで購入されることをおすすめします。


では話を戻しますー。

今まで、ニキビケアは皮脂コントロールだけに関心を持っていました。
私の経験上、ニキビ跡は一度できてしまったら、もうしょうがないと勝手に思い込んでいました。

でも娘のために(ついでに息子のためにも)、いろいろ調べてみて、
皮脂さえコントロールできれば良いというわけではないことがわかりました。

それから自分の経験上、潰して跡が残ってしまったら、まず元通りにきれいにはならないだろう、
と思っていたニキビ跡が、ケアによってなめらかな肌に修復されることもあるというのは
本当に凄い驚きです。

リプロスキンの容器のサイズ参考

リプロスキンは無職透明な液体です

リプロスキンは無色透明で嫌な匂いもしないので万人に受け入れられると思う商品デザインです。

リプロスキンの美容液の拡大写真

容器を傾けると、ポタポタとゆっくり美容液が出てきます。
これなら出し過ぎたりしないので、ストレスなく使えます。

今回は私の強力な勧めもあって娘だけではなく息子もちゃんと朝晩正しく使っているので、
使用前、使用中、使用後の写真をとって効果をちゃんと確認してみようと思い1週間目の写真を撮ってみました。

リプロスキン使用前の息子のニキビ症状写真

【ビフォー】リプロスキン使用前の写真(息子)

↓

リプロスキン使用1週間後の息子のニキビ症状写真

【アフター】リプロスキン使用1週間後の写真(息子)

正直、息子の方は、あまり変わっていないみたいで残念です。

でも、娘の方はと言うと…

リプロスキン使用前の娘のニキビ症状写真

【ビフォー】リプロスキン使用前の写真(娘)

↓

リプロスキン使用1週間後の娘のニキビ症状写真

【アフター】リプロスキン使用1週間後の写真(娘)

ご覧の通り、口元の黒っぽく変色したニキビ跡はまだ変化がわからないけれど、
ニキビそのものは、鼻の大きなのを除き、全体にずいぶん炎症が収まっている様子です。
母の面目躍如!本人ももちろん、写真で確認できて嬉しそう。

実は、娘にはとくに、短期間で効果が現れてほしい特別な理由があるのですが、
それは次回のレポートでご報告します。

今なら60日間返金保証付き!
リプロスキンの公式サイトはこちら

リプロスキンの生口コミ★使用2週目 │ 美白効果が思ったよりスゴイ!

リプロスキンを息子と娘が使い始めてはや2週間、特に娘の方が気に入っている様子です。

薦めた母としては嬉しさのあまり、

「試して良かったでしょ?たぶん海藻由来の保湿成分がいいのよ」

などと付け焼き刃的ウンチクを語ったりして、娘にはいささか鬱陶しがられているかもしれません。

1週間前は、ニキビ跡より、ニキビそのものが落ち着いた感じでしたが、
最近はニキビ跡の赤みや黒ずみが改善してきたようです。

とくに口元の黒く色素沈着していたニキビ跡はかなり目立っていて、
娘も外出時はいつもファンデーションで隠していた「悩みの種」でした。
その色が、たった2週間で薄くなってくるなんて、かなりの驚きです。

でも2週間前の写真と比べたら、この通り↓。

娘のニキビの症状写真

↓

リプロスキン使用2週目の娘の肌の症状写真(アフター)P8020139

1週間前と比べても、薄くなっているのがわかります(画像加工は一切していません)。

これって、いわゆる美白効果なのでしょうか?

ただ「美白」に関しては、カネボウの美白化粧品でまだらに白くなる被害が問題になったばかりですから、
最近は「効き過ぎ」も怖いな、という印象もあります。
そこで、もう一度リプロスキンの成分を詳しく説明しているサイトを見てみました。

リプロスキンの美白に関する有効成分はダーマホワイトというんですね。

あれ、この名前、なんだか聞いたことがある、と思ったら、
クリニークにその名のついたラインがありました。

ではダーマホワイトって何なのって調べてみると、
幾つかの成分を配合した化粧品の原料のようで、
美白、ライトニング、色素沈着抑制の効果が期待できるようです。

肝心なのは、ワルテリアインディカという植物の葉から抽出した成分が入っていること。

ワルテリアインディカは中南米の熱帯に多いアオギリ科の植物で、
(アオギリ科といっても木じゃなくて雑草みたい。写真はwikipediaより)
南米の先住民インディオは伝承薬として使ってきたそうです。

ワルテリアインディカ

カネボウの美白化粧品で問題となった成分とはまったく違うし、
「waltheria indica」で検索すると、その成分を使った海外のスキンケア用品は、
クリニークのダーマホワイトシリーズ以外にもたくさんあって、まずは安心です。

ちなみに娘はどちらかといえば色白で、だからこそ、
ニキビやニキビ跡の色素沈着が目立ってしまうので、
それが改善すると見た目の変化がわかりやすいと思います。

ところが息子の方は、かなりの色黒。
顔中のニキビとニキビ跡は全体的に汚い印象を与えますが、
一つ一つが目立つ、というわけではないんですね。

美白に有効なダーマホワイトといえども、地黒が白くなるわけではないでしょうから、
その点での息子への効果はもともとあまり期待できないのかもしれません。

使用中のリプロスキンの写真

ちゃんと朝と夜2回、10滴ずつ丁寧に付けているようで、
内容量も写真の通り、半分以上減っていますが、まだニキビとニキビ跡の改善の実感は今ひとつ。

リプロスキン使用2週間目の息子のニキビ症状写真

リプロスキン1本で約1ヵ月分ということなので、後半2週間に期待をつなげたいところです。

今なら60日間返金保証付き!
リプロスキンの公式サイトはこちら

リプロスキンの生口コミ★使用3週目 │ 色素沈着のニキビ跡に効果の兆し?

ニキビとニキビ跡に悩む息子と娘が、リプロスキンを使い始めてから3週間経ちました。

使用中のリプロスキンの写真

1回に7滴から10滴、手のひらで顔全体に染み込ませるように浸透させて、気になるところは重ね付け。
2人とも、すっかり毎日の習慣として定着しています。

リプロスキンは「ニキビが治った後の予防化粧水」とか、「ニキビ後の予防ケア」とうたっています。

私は最初それを見て、

「ニキビが治ったあと、新しいニキビができないようにするケアなのかな?」

と思いました。

でもサイトの小さい文字までよく読んでみたら、

『ニキビ後の予防とはメラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐことです』

とあります。
ということは、ニキビそのものの治療や予防には効果がないってこと?

そんな疑問も実はほんの少し抱えながらも、まずは試してみて、
と3週間前に息子と娘にプレゼントしたのでした。

で、どうだったかというと、これまでのレポートにも書きましたが、
実際に娘の皮膚を観察していて使用前に比べてニキビそのものもかなり落ち着いたのがわかります。

そして前回のレポートで書いたように、何よりびっくりしたのが、
黒く色素沈着していたニキビ跡が目立たなくなってきたこと。

リプロスキンをしっかり顔になじませている娘の写真

娘のフェイスラインの写真

とくに口元の黒いニキビ跡には、写真のようにていねいに重ねて付けて3週間が過ぎた今、
本当に色が間違いなく薄くなっています。

「リプロスキン」で画像検索してみると、人によってはひどいクレーター状態が、
じっくりケアした結果かなりきれいになったケースもあるようですね。

比較写真で見ると、本当に驚きです。

娘にはクレーターというほどひどいデコボコはないので、ニキビそのものと、
黒ずんだり赤くなったりしたニキビ跡が少しでも改善されれば、というのが当初の望みでした。

1本使い切る1ヵ月後に、どれくらい変化が認められるかしら、
と思いながら1週間ごとに写真撮影してきたわけで、
まだ途中経過ではありますが、娘の場合は3週間でニキビそのものも落ち着き、
ニキビ跡も目立たなくなっているのですから、すでに「満足」といえる程度まできています。

では、公式サイトで大きく宣伝しているわけでもないのに、
ニキビそのものも少なくなって肌状態が全体的に改善しているのはなぜなのでしょうか?

推測ですが、やはりホメオシールドをはじめとする保湿成分や、
その他の美肌成分が、効果的に働いているのだと思います。

その理由の一つは、リプロスキンが肌のphを一時的に変化させて有効成分を
より浸透しやすくする導入型柔軟化粧水、いわゆるブースターであるということでしょう。

そしてブースターのおかげでゴワゴワした肌表面の古い角質が
やわらかくなって、
浸透しやすくなったところに働きかけるのが、
ナノサイズに凝縮された美容成分で、
さらにそれがカプセル状になっていることで「長くとどまる」という、
そうした仕組みや働きが、この化粧水が「効く」二つ目の理由のようです。

使用して量が減ってきたリプロスキン

こんな無色透明の、なんの変哲もない化粧水のなかに、
8種類の美容成分がナノ美容カプセル(マイクロソーム構造というそうです)
となって含まれているなんて、ちょっと不思議ですよね。

でも、そうやって角質層にきちんと有効成分が働きかけるおかげで、
公式サイトでまずうたわれている「ニキビ後の予防ケア」だけじゃなく、
ニキビそのものも含めた肌全体の改善が可能なのでしょう。

そんなことを思いながら、パッケージの「効能・効果」をよく見たら、
期待されるさまざまな効能のなかに、ちゃんと

『にきびを防ぐ』

というのもありました。

ともかく有効成分がきちんと効いて肌全体が健やかになれば、
ニキビができては治り、治ってはでき、
という辛いループから抜け出せるのかもしれませんね。

ちなみに8種類の美容成分とはダーマホワイトのほか、

保湿成分として前述のホメオシールド、低分子コラーゲン、
低分子ヒアルロン酸の3種、
その他、酵母エキス、イソフラボン、アロエエキス、ゼニアオイエキスということです。

合成香料、着色料、鉱物油、パラペン、アルコールは不使用とのこと、これは大きな安心材料といえますね。
もっとも、どんなケア製品でも、人によって合う合わないの個人差はあるようで、
娘には大正解だったリプロスキンも息子には現時点では、今ひとつのようです。

ちなみに息子は今、合宿中なので、3週間経った時点での写真は撮れません。
せめて、4週間で1本使い切る頃に、何か変化が感じられるといいのですが。

今なら60日間返金保証付き!
リプロスキンの公式サイトはこちら

リプロスキンの生口コミ★使用4週目 │ ニキビ跡は治る?結果発表!

20歳の息子と18歳の娘に、リプロスキンを使うよう薦めてから、早くも1ヵ月が経ちました。
ニキビ体質の2人の肌状態は、手に負えないほど酷いというわけではなかったものの、
娘の場合はとくに、コンプレックスを感じるだろうなと心配になるくらいにトラブル続きでした。

2人がリプロスキンを使い始めてから1週間ごと、写真を撮って効果を確認してきました。

そして4週間経った今、娘の肌はこの通り!↓

リプロスキン使用前の娘のニキビ症状写真(ビフォー)

【ビフォー】リプロスキン使用前の写真(娘)

↓

リプロスキン使用前の娘のニキビ症状写真(アフター)

【アフター】リプロスキン使用1週間後の写真(娘)

こんなに短期間で、

「ウソでしょ!」

って言うくらい、改善したのです。

使用前・使用後の写真を前にして、リプロスキンの期待以上の効果に、
薦めた私も、もちろん本人も嬉しいを通り越してただ驚いています。
リプロスキンという商品は、何よりまずニキビ跡に効果的という宣伝戦略で、
一般のニキビ対策の医薬部外品と差別化を図っているように思えます。

私自身がリプロスキンを知ったのは、
海藻由来の保湿成分がニキビ対策に有効という断片的な知識をネットで確認している最中で、偶然のことでした。

その時点では、私の目的はあくまでもニキビそのものの改善だったわけです。

ところが、リプロスキンという商品について調べてみると、
ニキビそのものの改善・予防よりも、
ニキビ跡のケアについて大きく宣伝されていて、アレっと思ったわけです。

宣伝ではありませんがクレーター状のニキビ跡がきれいになったという写真付きの報告もあったりして、

「一度潰して残ってしまったニキビ跡は治らないというのは常識じゃなかったの?」

と驚いたりもしたものでした。

いずれにせよ娘の場合、ニキビそのものも、黒ずんでしまったニキビ跡も気になるのですから、
とにかく試させてあげようとリプロスキンを注文したのです。

もっともいつもなら良いと思った商品があっても口で薦めるだけで、
私が注文して子どもにプレゼントするなどという甘いことはしません。
けれども、第2回のレポートに記したように、娘はもうじきアメリカ留学に旅立ちます。

母親としてできる最後の世話、たとえば一緒に食事を作りながら料理のコツを伝えるとか、
アメリカに持って行く衣類を仕分けながら良い縫製の見分け方を伝えるとか、
そういう世話の一環として、肌に合うケア製品を選んであげたいという気持ちがあったのです。
息子にも1本、別に注文しましたが、これはまあ、ついでのようなもので(笑)。

さて、これまでの報告の繰返しになりますが、リプロスキンの娘への効果は、
まずはニキビそのものの改善という形で現れました。

これは私が最初から期待していたことです。

1週間でニキビが少し落ち着いた段階では、
その後、ニキビ跡の色素沈着が目立たなくなるなんて、あまり期待していませんでした。

ところが、さすが「ニキビ後のケア」をうたうリプロスキン!

本当にニキビ跡の赤みや黒ずみがどんどんきれいになって、
結果的に、たった1ヵ月という短期間で口元にあった黒いニキビ跡が、こんなに目立たなくなったのです。

娘への効果を観察してきて、リプロスキンは

『ニキビとニキビ跡を治療・改善します』

とうたっても決して誇大広告じゃない!
と思いますが、医薬部外品としての効能書きには、いろいろと制約もあるのかもしれませんね。

ところでリプロスキンの公式サイトには内容量100mlで約1ヵ月分とありますが、
娘のも息子のも、まだ2、3割、残っています。

4週間使ったけど、少し余りました

2人とも朝晩、7滴から10滴という使用量を守っていると言っていますが、
いくらか少なめだったのかしら、もうあと半月くらいは保ちそうです。

でももちろん、その前に定期コースを申し込むつもりです。
というのも実は、この最後の週になってなんとようやく、
息子の肌にも変化が現れて来たからなのです。

これが4週間目の写真、以前と比べれば息子の方も、
かなりニキビが落ち着いて、汚い印象が薄くなっているのがわかります。

リプロスキン使用前の息子のニキビ症状写真(ビフォー)

【ビフォー】リプロスキン使用前の息子の写真

↓

リプロスキン使用前の息子のニキビ症状写真(アフター)

【アフター】リプロスキン使用1週間後の息子のニキビ症状写真

もともと娘のついでに息子にも、くらいの気持ちでしたし、
色黒なので多少ニキビ跡が改善しても目立たないし、
息子にはあまり効果はないな、とほぼ諦めていたところでした。

たまたま息子は先週ずっと合宿で、3週間目の写真撮影ができなかったのですが、
4週目の写真を撮って、パソコンの画面で拡大してみてびっくりしました。
本当にいつの間に、というくらいの変わり様で、
本人にも拡大写真で比較して見せたら、

「げっ、マジ?」

と驚いています。

というわけで、娘と息子のニキビ肌改善作戦は、1ヵ月という短期間にしては見事大成功といってよいでしょう。

「正しいケアで肌トラブルは改善できる」

という自信をもってもらえたのが、旅立ちを前にした娘への、私の一番のプレゼントです。

息子も、面倒がらずにちゃんとケアを続ければ、見た目の印象がこんなに変わると実感したようで、母親としては嬉しい限りです。

今なら60日間返金保証付き!
リプロスキンの公式サイトはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ