美白効果があるアルブチンについて

アルブチンが含まれるコケモモ

アルブチンの効果とは?

アルブチンは美白化粧品に多く使われている成分で、美白を求める女性の間ではよく知られた成分となりました。
美白効果は、他の美白・美肌に効くと言われる成分よりも高い効果を実感する事ができます。

肌の色を黒くするのはメラニン色素の働きによるもので、メラニン色素は紫外線にあたったり、過度のストレスを受ける事で活性化します。

多少のメラニン色素がある事で、人間の体は紫外線などから直接害を受けないように出来ているのですが、このメラニンが増えすぎると肌の色が黒ずんでしまうのです。

そして、メラニン色素を作り出しているのがチロシナーゼという酵素です。
アルブチンはこのチロシナーゼに直接働きかける事でメラニン色素の生成を抑制してくれるのです。

アルブチンの種類

そんな美白家に嬉しいアルブチンですが、種類が2種類あります。

それがαアルブチンとβアルブチンです。

αアルブチンはβアルブチンに比べ、肌に馴染みやすく美白効果もβアルブチンの約10倍もあると言われています。
そのため、現在で美白化粧品に使われているアルブチンはαアルブチンが多く占めています。

βアルブチンは何かというと、歴史的にみるとβアルブチンの方が長く美白目的で使われてきたのですが、研究の結果、現在はαアルブチンが主流の様です。

効果的な使い方

ピーリングと一緒に使用すると効果がより上がります。

ピーリングのイメージ

  1. ピーリングで汚れや角質を落とす。
  2. アルブチン配合の化粧品でしっかりとケア。
  3. その後のケア(美容液など)もアルブチンが配合されているものだとより良い。

アルブチンは、”肌の漂白剤”と言われるハイドロキノンとブドウ糖で作られた成分ですが、ハイドロキノンのような使用上の注意が必要なほどではなく、ほとんど副作用は見られません。

ですから誰でも安全に使用する事が出来るのに、美白効果は高いのです。
(ハイドロキノンはメラニンを除去するのに対して、アルブチンはメラニンを抑制するという働き)

サブコンテンツ

このページの先頭へ