低分子コラーゲンで肌のハリをアップ!

コラーゲンの働きの図

コラーゲンってなに?

”コラーゲン”は女性だけでなく男性でも知っているくらい美肌作りには欠かせないものだと定着しました。
美肌を作りたいならとりあえずコラーゲンを摂取する」と、多くの人がドリンクやサプリメントで取り入れています。

ではコラーゲンの働きや効果を詳しく知っているかと言えば、そうでない人が多いでしょう。
コラーゲンとはタンパク質の一つで、人間の体の約2割はタンパク質で出来ています。そしてそのタンパク質の3割がコラーゲンで作られており、皮膚や骨がそれに当たります。

そしてコラーゲンの半数近くが皮膚を作るために成っているので、美肌作りにコラーゲンは欠かせないのです。

コラーゲンは年々作られなくなる

コラーゲンの年齢別生成量の推移

コラーゲンは年齢を重ねると体内で作られる量が減っていくので、40代になると20代の頃のコラーゲン生成量と比べると半分の量も作れなくなってしまいます。
そこで女性たちはこぞってコラーゲンを摂取するのです。

低分子の魅力

そんなコラーゲンも、”低分子”は非常に小さい分子で肌に吸収されやすくなります。
高分子コラーゲンは肌の表面に留まり潤いを保ち、それに比べ低分子コラーゲンは浸透力が高く、乾燥した肌(角質層)の奥まで吸収され肌をふっくらプルプルにしてくれるのです。

ちなみに、タンパク質はいくつかのアミノ酸がくっついて出来ていて、タンパク質は体内に入るとアミノ酸に分解されてしまうという事で、という事で口から摂取するコラーゲンは意味がないと言う学者さんもいますが、摂取する事で肌のハリが良くなったという人も沢山いますから、一概には言えないですね。

また、フカヒレスープや豚足を食べた翌日は肌がパンッと張っていて、化粧乗りがいいと言うのもコラーゲンのおかげと言っても過言ではないでしょう。

低分子コラーゲンが配合されているニキビ化粧品の紹介

ジュエルレイン1ヶ月レポート私の背中ニキビは治るか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ