グリチルリチン酸ジカリウムの危険性とは?

カンゾウ

グリチルリチン酸ジカリウムは危険?

ニキビケアや美白の化粧品によく入っているグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸K2)。

最近は化粧品に入っている成分を消費者が安全かどうかを調べ、不安材料が見つかると大きく騒ぎ立てる事があります。
このグリチルリチン酸ジカリウムに関しても同じ事が言え、成分の骨格がステロイドに似た形をしている事から「危険だ」と騒ぐ人もいるようですが、このグリチルリチン酸ジカリウムに関して危険が生じる事はありません。

グリチルリチン酸ジカリウムは、豆科の植物である甘草(かんぞう)から抽出される成分で、葛根湯などの漢方薬にも使われたり、肌荒れやニキビなどの炎症を抑える為に配合されたりしています。

他の使われ方としては、シャンプーに配合されたり、育毛剤に含まれていたりもします。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果

  • 抗炎症
  • 抗アレルギー
  • 抗消化性潰瘍作用
  • 殺菌
  • ニキビ予防
  • 解毒
  • かゆみ防止

などがあり、皮膚の炎症に対して高い効果を発揮します。
ただ、即効性のあるものではなく緩やかにと効果を表し、また副作用もほとんどないのが多くの化粧品に使用される理由でしょう。

グリチルリチン酸ジカリウムの注意点

ただし、美白とうたっている化粧品にグリチルリチン酸ジカリウムが配合されている場合は少々違います。
グリチルリチン酸ジカリウムに肌を白くする働きはなく、[肌の機能を抑制する]という働きから、肌の血行を抑制して白く見えるという一時的なものです。

美白目的の化粧品でグリチルリチン酸ジカリウムが高濃度で入っている事は稀ですが、もし高濃度で入っているようであれば、注意が必要です。
ただアレルギーなど個人差はありますが、肌の炎症を治したり、肌荒れの予防に効果的なグリチルリチン酸ジカリウムですから、多くの化粧品に含まれています。

昔から使用され、これまでに問題になった事がないので、成分量を見て使用するといいですね。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているニキビ化粧品の紹介

リプロスキンのの商品写真

サブコンテンツ

このページの先頭へ