低分子ヒアルロン酸で赤ちゃん肌になろう!

ヒアルロン酸のイメージ

低分子ヒアルロン酸とは?

低分子ヒアルロン酸はコラーゲンと同じくらい美肌を目指す人にはメジャーな成分となりました。

低分子ヒアルロン酸が多い肌は保湿される”というイメージが強いですが、その理由は次の通りです。
皮膚は大きく分けて表皮と真皮に分けられ、表皮は肌の一番外側で、真皮は表皮の次にあります。

真皮はコラーゲン繊維で張り巡らされており、その間を低分子ヒアルロン酸が埋めているといった構造です。
この低分子ヒアルロン酸が水分を含み、低分子ヒアルロン酸がたくさんあればある程、お肌は潤いに満ちているのです。

一つの低分子ヒアルロン酸が含む水分の量は、低分子ヒアルロン酸自体の6000倍と言われていますから、その保水力が地球一と言われるのが分かります。

(低分子ヒアルロン酸が1gあったとすると、その保水量は水6?にもなります)

低分子ヒアルロン酸が不足するとどうなるのか

逆に低分子ヒアルロン酸が少ないと水分が少なく肌が乾燥した状態になり、また肌のハリはなくなって弛んだ状態になってしまいます。
低分子ヒアルロン酸が不足した肌にはシワやたるみ、豊麗線など老けを感じさせる肌トラブルが発生してしまいます。

加齢と共に低分子ヒアルロン酸は減少して、赤ちゃんの頃と比べると40代の人の低分子ヒアルロン酸量は半分程度にまで減ってしまいます。
その為、赤ちゃんの肌はぷっくらモチモチなのに比べて、40代の人の肌はシワが目立ち始め頬がたるみ豊麗線ができ、悩みは”乾燥”という人が多いのです。

低分子である魅力

低分子ヒアルロン酸のお肌への浸透イメージ

しかし、化粧品から低分子ヒアルロン酸を肌内部に浸透させようとしても、天然の低分子ヒアルロン酸の分子は大きく肌の表面で留まってしまいます。
そこで低分子ヒアルロン酸は分子が小さく、肌の奥まで吸収する事が出来るのです。

ただ、もちろん肌の上から塗った低分子ヒアルロン酸の化粧品が肌の真皮までは届きません。
化粧品に含まれる低分子ヒアルロン酸は肌の表面で乾燥を防ぎ、潤いのベールを作ってくれるのです。

乾燥が気になる人はぜひ低分子ヒアルロン酸配合の化粧品をお勧めします。

低分子ヒアルロン酸が配合されているニキビ化粧品の紹介

ジュエルレイン1ヶ月レポート私の背中ニキビは治るか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ