ハイドロキノンの発がん性の危険性?

カネボウ化粧品の白斑問題

肌の漂白剤と言われる理由

美白を目指す人の間ではよく耳にするようになった”ハイドロキノン”。

高い美白力を持つハイドロキノンですが、効果が高いだけに使用上の注意も必要です。
正しい使い方でトラブルなく白く美しい美肌を目指しましょう。
ハイドロキノンは出来てしまったシミやくすみを取り除く事が出来る成分で、「肌の漂白剤」と言われるくらい効果が高く、美白家の間でもっとも注目されています。

ただ漂白剤と言うだけあり、効果と比例してとても強い成分なので2001年までは日本では使用する事を認めていませんでした。
そのためハイドロキノンを使用したい人は海外から直接輸入して購入する事しか出来なかったのです。
しかし新型が開発されて現在では皮膚科などで指示を受けながら使用する事が出来るようになりました。

ハイドロキノンの効果

その効果はというと、これまでシミが出来てしまったらレーザーで焼き切るしか方法がありませんでした。
しかし、このハイドロキノンはシミの部分に塗るといった作業だけでシミがなくなるのです。

ハイドロキノンの注意点

ただ、注意しなければならないのがハイドロキノンの濃度です。
インターネットが普及した現在では、誰でも簡単に海外から輸入して購入する事が出来るようになりました。
その濃度は1%のものから10%程度のものまで様々です。

肌が弱い人が使用すると肌が赤くなったり、かゆみを伴ったりする場合があるので、まずは自分で判断して使用するのではなく、病院に相談するのがいいでしょう。

濃度の濃いハイドロキノンを使用すると発がん性があるとも言われていますが、それは濃い濃度ものもは効果も高いですが、皮膚を紫外線から守ってくれる正常なメラニンまで破壊して、紫外線を直撃してしまう可能性がありますから日焼け止めをしっかりとしなくてはいけません。

美白効果の高いハイドロキノンですが、それに伴って使用するに当たっての注意もしっかりと持ち、正しい使い方をすれば美白になる為の魔法の成分と言えます。

※当サイトではハイドロキノンが配合されていたカネボウ化粧品の白斑問題を受け、
当該当成分が配合されている商品はオススメしていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ